topimage

2018-02

快適に - 2017.11.13 Mon

新生 街乗り快速号として、真夏の段階ですでに乗り始めていましたが、
いろいろと改善点が噴出し、一旦預けて、強烈な対策を施していました。



現在、膿出しも兼ねて、ちょこちょこ乗りながら
いろんな観点から、問題点や課題点を洗い出しています。
そんな中、ツーリングを便利にする為のツールをいくつか導入しました。




ETCアンテナ、テンプメーター、スマホホルダーをハンドルに装着しました。
必要だと思うものは取り付けますが、それによってゴテゴテさせたり、
グチャグチャと配線類がそのままというのは我慢ならないので、最大限の配慮のもとの配置です。

S_6966597663648.jpg

S_6966597687402.jpg








S_6966597704461.jpg

サインハウスの充給電システムのPOWERSYSTEMを使って、
バッテリー近くに配置し、そこからハンドルまでUSBを引っ張り込んでいます。
90度のUSBなので、見た目もそれなりにすっきりします。
配線保護も兼ねて、細いコルゲートチューブで補強もしておきました。










S_6966597726979.jpg

使用していない時にUSBケーブルを遊ばせるのは、あまりよろしくないので、
YAMAHA純正品のホースクランプを使って、引っ掛けています。




試走も兼ねて、この仕様で400キロ走行しましたが、スマホの脱落、ブレ、振動もなく、
非常に安定していました。



また、スピードとタコメーター、テンプメーター、ETCの確認ランプ、スマホのすべての視覚情報が、
被ることなく、視線を泳がせる事も無い配置にする事が目的でしたので、目的達成です!


ゆったりと - 2017.10.03 Tue

PA012475_20171001223258-01-01.jpeg

ひさびさのブログです。

あまり…というか全く乗っていませんが、ちょこちょこと触っています。
乗ってすらいませんが、タイヤをKaroo3に履き替えて、インパクトが増しました。



PA012477-01.jpeg

とりあえず、リアマスターステーを製作中なので、完成次第乗ってあげたいですね!
2017年に入ってからこの車両の走行距離は60キロほどですが、なんとなくこのまま年を越してしまいそうです。

オシャレは足元から? - 2017.07.01 Sat

P6300252-01.jpeg

P6300247-01.jpeg

P6300259-02.jpeg

ワンオフオーダーしていたアクスルシャフトが完成しました!
PADDOCKのクロモリのアクスルシャフトです。今回は無電解ニッケルメッキ仕上げです。



ついでに、少し前にオーダーしていたSITTA製のスプロケットも来てました。
ホイールがMARCHESINIでイタリア製なので、スプロケもイタリア製に合わせてみた感じです。
イタリアのデザインらしい隆線的で、他にはない独創性がありますねー。



その他、せっかくなのでリアショック用のボルトやアクスル用ナットも64チタン製に変更。
パリッとして気持ちがイイです!

complete - 2017.06.04 Sun

http://areyakoreyasr.blog39.fc2.com/blog-entry-965.html

↑この記事を書いていた半年前の去年12月の時には
すでにオーダーも出して、着々と準備は進めていましたが、
なんだかんだと約8か月ほど経過しました。












S__24272909.jpg


スイングアームとキャリパーサポートをフルオーダーしました。
といいますか、リア周りをフルオーダーで、一切合切のパーツをオーダーしたかたちです。



スイングアームはこのメーカー、キャリパーサポートはこのメーカーという風に、
バラバラのメーカーで揃えるとデザインの一貫性が取れないので、まとめてオーダーしました。



その影響もあって、少し時間がかかりましたが、
待った甲斐のあった仕上がりで現物を見た瞬間に驚きました。












S__24272907.jpg

キャリパーは、トルクロッドレスです。
チェーンアジャスター部から、キャリパーサポートから
すべてを一つのカタマリとして存在しているので、一体感がハンパないです。













DSC_0391-01-01.jpeg

というわけでフィッティング。
PADDOCKさんにワンオフでアクスルシャフトをオーダーしているので、
まだ仮のアクスルシャフトですが、とりあえず地に付く状態になりました。


タイヤは乗りやすさを優先してTRAIL SMARTをチョイスしていますが、
見た目のインパクトさで選ぶなら、カルー3かアナーキーワイルドでもよかったですね。
次回はそうしますw







DSC_0392-01-01.jpeg

ディスクローターは今回SUNSTARにしました。
本当はbremboがイイのですが、bremboはリアディスクローターがあまりカッコよくないので、
前後でブランド違いになってしまいますが、違和感は無いのでOKです。



ボルト類は、ベータチタニウムやZETAの64チタンボルトを使用し、
ブレーキホースはあえて下から回すことにしました。








DSC_0428-01-01.jpeg

ブレンボのCNCの2POTキャリパーを基にキャリパーサポートを製作して頂いているので、
デザインの一体感がハンパないです。




キャリパーを上側に配置したのは深い理由は無いのですが、
スクランブラーは、そもそもキャリパーは上にあるべきでしょという事だけです。
おかげで、ものすごく軽快感が出ました。




流用系、寄せ集め系のフィッティングではなくなったので、
ものすごく一体感のある足回りで大満足です!

再始動 - 2017.05.30 Tue

P1050495.jpg

通勤号として頑張っていた3号機は、現在はすべてバラして、
あらゆるパーツがあらゆるところへ散っていきました。
それなりに使い込んだので、まぁイイ頃合いだったのもあります。



車体はわかりませんが、パーツは私の友人のSRに嫁いでいますので、
今も元気で使われている事でしょう。たぶんw











…しかし、通勤号は年間24000キロという走行距離でも物語っていますが、
このスタイルがどれほどに扱いやすく面白かったかという事。




というわけで、ちょっとまた本気でやってみっかーという事で、NEW通勤号に着手。
ベースの車体は確保して、現在はグリーンティにて保管してもらっています。




まずはいくつか残っていたパーツを、グリーンティにて保管されていたので、
それらを引っ張り出しました。






P3360359.jpg

まずは、DIDの別注のワイドリムです。
久しぶりに見ましたが、改めて見ると目を疑うほど光ってます。
まるでマルケジーニKOMPEのアルマイトの如く…



その他、ステンレススポーク&ニップル、ビレットハブなど、贅を尽くしたスポークホイールですが、
タイヤを履かせて復活。メッツラーの「ROADTEC Z8M INTERACT」です。
パターンとタイヤの形状がイカス。



サンスターのコーケンの黒アルマイト仕様のスプロケが在庫されていたので、迷いなくそれも装着しました。
緩み止めのプレートもガンコートが施されていたものが余っていたそうなので、それも使ってます。










何年か前にフージーさんに製作して頂いたツインオイルラインも大事に保管してくれていたので、
これも復活です。↓こんなやつです。

P3360370.jpg



P1050556.jpg










フロントフォークは2号機を新型のオーリンズフォークを取り付けた際に
外した旧オーリンズフォークが余っているので、それを使います。
ほとんど使っておらず、手放すには勿体なくて置いておいて正解でした。

P3300895-021.jpg




その他にはマフラー、リアショック、スイングアーム、キャリパーなど手放してしまってますが、
持つべきは友でして、譲ってもらったりと、トントン拍子で集まりましたので、
あとは、細かい部品が揃えば、NEW通勤号の復活に向けて一気に動き出します。




元通勤号よりも数段レベルアップさせた通勤号として復活出来そうですが、
あまりやりすぎない程度に、そこそこに…。






とはいえ、…抜かりなく、こんな64チタンのショック用ナット類も準備中です。
P3360363.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (115)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (7)

最新記事

月別アーカイブ

リンク