topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッティング&メンテナンス&&… - 2016.12.19 Mon


P3320098-01.jpeg


かれこれ、7年位同じマニホールドを使いまわしてきましたが、いい加減ボロくなっていたので
新しいマニホールドを半年以上前に準備しておきながら、後回しにしていましたが、ようやく組み込みました。


ボアエース製の新型マニホールドで、上部にフィンが付いています。
試作品ですので4枚フィンです。



ついでに、バルブクリアランスとカムチェーンテンショナー調整も行っておきました。
摩耗もなく綺麗そのものでしたが、やはりそれなりにクリアランスが広がっていたので、
ばっちりクリアランスを取り直すと、シュシュシュ…とだけ鳴っているなんとも物静かなエンジンに戻りました。







P3320108-01.jpeg

キルスイッチの朱色の樹脂部品をアルミで削り出して作ってみました。
これはまた後日赤アルマイトの旅にでも出してやります。


YAMAHA純正の小さな立体エンブレムが
たまたまハイスロットルのホルダーにピッタリだったので、意味もなく貼ってます。




P3320104-01.jpeg

クラフトマンのリザーブタンクのキャップボルトを以前ブラックに変更していましたが、
穴にホコリが溜まるので、削り出しのジュラコン製のメクラキャップで塞いでいます。







DSC_1094-01.jpeg

というわけで、試走しましたが、
NIXの正立フロントフォークは、ちょっと旧型とは次元が違っていて、
何がどう違うと説明が出来ないです。全部違います。



路面情報の入力に対してあまりにも自然かつ、衝撃的な程しなやかに動きます。
旧オーリンズは路面情報の入力が結構ハッキリと体に伝わってきますが、
新オーリンズはそれらは車体側ですべて収束しているかのような感じです。
30mm入ろうが50mm入ろうが、あまりにもしなやかにスゥ…と入っていくんですね。



ピッチングモーションも、旧オーリンズでは、ガツッと減衰が効いて抑える感じですが、
新オーリンズは意識しなければ、意味が分からなくなるほど、、あまりにも自然に車体を安定させます。
好みがどうとかそんなレベルではもはや無いですね。








そんなこんなと軽く調整して、本格的にはまた後日という事にして、
ものゴツいバズーカのようなカメラで、写真撮影会的な…(笑


DSC_1097-01.jpeg

DSC_1105-01.jpeg

DSC_1104-01.jpeg



今年は、これでおしまいかなー。
2016年もあっという間の1年だった気がしますね。

密に…カタマリ感 «  | BLOG TOP |  » 黒から金へ…

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (114)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。