topimage

2017-11

各所リニューアル - 2016.11.04 Fri

P3280577-01.jpeg

まず、シートの形状を変更しました。
そもそも、この2号機は書類上では一人乗り登録なので、タンデムは全く想定しておらず、
以前から少しシートにメリハリが欲しかったので、後部をグッと持ち上げた形状にしてもらいました。








次に、リアショックをOHLINSのグランドツインに変更。
レジェンドツインとグランドツインは、内部構造の特に圧側減衰構造がまるで違っています。



また、スフェリカルベアリング、タンク容量、コレット等各部がアルミ削りだしetc…
と、レジェンドツインとは段違いのクオリティと、絶対的な性能の差があるのですが…



グランドツインはSR400用の設定がありません。必要ないでしょ?と言われたらそれまでですが、
正規にラボカロッツェリアで仕様変更を行うには、新品で最初からSR用の仕様変更で購入が出来ません。



つまり、最初からオーバーホール扱いとなり、なおかつSR用レートのスプリングも交換ですので、
他車種のグランドツイン+オーバーホール+スプリングの交換となり、ものすごく敷居が高いのですが、
背に腹は代えられないので、どーんといっちゃいました。











ここで問題発生…
以前はクアンタムを装着していたので、タンク無しだったわけですが、
その形状でマフラーステーをワンオフしていたので、モロに干渉してしまいました。



しかも、オーリンズのグランドツインはスフェリカルベアリングで左右に可動するので、
完全にステーを逃がさないといけないわけでして…
マフラーは完全なワンオフなので、テックサーフさんへ入院させて、再製作してもらいました。

P3280580-01.jpeg

P3280582-01.jpeg

仕上げにリンクルパウダーコートを施してもらって完成。
完璧です。












次にメーター周りです。

P3270999_20160904235356.jpg

↑今まで3年ほど使用してきたメーターです。



去年末辺りからリニューアルさせたいと要望を出していて、先日仕上がってきました。
もうはや恒例のワンオフ祭りですが、満足を得るためには仕方がありません。
あえて純正メーターを使い続けるには、ある意味「コダワリ」です。










P3280585-01-01-01.jpeg

P3280586-01-01-01.jpeg


まず、どんな細かい内容よりも、一言「カッコイイ。」
左下のSAMSONBLUEのロゴがGREENTEAに変更されています。



そのほかは、くり抜きが無くなったり、細かい部分の変更がされていますが、
パッと見のディテールに大きな差はありません。
しかし、このメーターは点灯した時に、大きな差があります。











P3280560-01-01.jpeg

P3280570-01-01.jpeg

文字盤の数字や、白や赤のライン、GREENTEAの文字なども透過するようになっており、
実用性の高い視認性の良さ、見た目ともに最高です。
ちなみに、前回にも施しているベゼルのヘアライン加工を、今回も施しました。



ワンオフ祭り、まだまだ続くんです!今年中はどーかな…
来年早々にはドーンと。

セミ シェイクダウン «  | BLOG TOP |  » 油温計

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (115)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (2)

最新記事

月別アーカイブ

リンク