topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアからピザが - 2014.10.28 Tue

IMG_1005.jpg

ヤマハ系で定番の流用だったディスクローターといえばコレ。
むかーしの写真を引っ張ってきました。



現在、3号機にトップケースを付けたことで、重心が高くなっています。
それが影響で、すり抜けや轍を走りぬけたりする際の路面の凸凹に、舵が取られてふらつく事があるので、
ちょっとした不安を取り除くために、足回りの見直しを図っています。



というわけで、いろいろと準備を進めていますが、
まずは3号機のブレーキ周りの変更を余儀なくされています。
本当は変えたくは無いんですが、どーしてもフィッティングの都合上…



純正の298mmのサイズで、特に足りてない部分はなく、
399CCのノーマル状態では、320mm化はほとんど飾りで、
むしろ重量増に加えて、ジャイロ効果を促進させるので、ある意味SRの売りをスポイルします。
つまり298mmで十分すぎる位の制動力はあります。



そんなわけで、3号機は320mmをチョイスせず、あえて298mmのままでとなると、
サンスターから出ている、トラディショナルローターや、限定で出ていた初期型風ローターがありましたが、
あえて、それをチョイスするほど、トラディショナルを追及もしておらず、
それでいて、90年代のYAMAHA系っぽいローターを…となると、ほぼ一択です。







P1030597.jpg

ピザお届けしやした~的な感じの箱ですが、イタリアから直で入れてやりました。
各バイクメーカーのリプレイスのディスクローターです。
BREMBO製ですが、90年代位~の車種なら大体網羅しています。







P1030595.jpg

90年代のローターデザインをリファインした感じで、いいですねー。
サイズはこだわりの298mmです。








P1030598.jpg

P1030599.jpg


純正のリプレイス品なので、当然ストリート用なのですが、
インナーは、レーシングのローターと同様、CNC切削で仕上げており、
フローティングピンも同様に切削、材質はSUSで、ウェーブワッシャーと共にカシメられています。




早速、純正のリジットローターからセミフローティングローターへ…といきたいところですが、
まだ他のパーツの準備中なので、装着はもう少し後になりそうです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://areyakoreyasr.blog39.fc2.com/tb.php/884-88e7d326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ある意味ひどい «  | BLOG TOP |  » 9月ぶりに②

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (114)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。