topimage

2017-06

さくらと云う名の消音器 その2 - 2013.10.10 Thu

P1020762.jpg



先日から、PRUNUSマフラーを取り付けていますが、
あくまでテックサーフと同じセッティング状態だったので、PRUNUS用に詰めてみました。



P1020763.jpg



スローの領域の調整だけでは詰まりきらないので、やはり最大のネックとなる加速ポンプを弱めるため、
youさんから、借りていたNAGの吐出調整カラーを利用して、加速ポンプを弱めました。
NAGカラー




やはり効果はてき面で、スゥっとスロットルを自然に開ける分には、
不自由しないぐらいまでは調整完了です。全体の7割くらいってとこです。
これ以上は、MJNの場合、段数を触っても、更におかしくなるのは明白ですし、
落としどころとしては、やはり7割程度に留めるって感じですかね。



MJNは、調整幅が狭いので100%のセッティングは不可能です。
しかし、どんな時でも及第点で収まってくれるメリットがありますので、
セッティングに関しては一長一短ですね。



あとは…もう出来ることは無いw






以前からずっと気になっている事があり、というか、チラッと話題にも挙げたことがありますが、
マフラーを変えると、ヘッドのメカノイズが変わるのです。



PRUNUSを付けると、ヘッドのメカノイズが、妙に静かになります。
耳を近づけても、何故かノーマルカムのような音になっているんですよね。
僕だけじゃなく、数名に実際にメカノイズ音を聞いていただきましたが、
たしかに妙に静かだと言ってたので、間違いないんです。



長いアイドリングで油温が80度を超えても、メカノイズは常に一定。
シュルシュル言ってるだけ…




油圧に関して、目を疑うほど上がっており、
テックサーフやサカモトラップなど、いろいろと社外マフラーを付けましたが、
そのどれよりも油圧が高く、サブポンプからヘッドに取回しているラインに、
ボアエースのオイルの確認窓を付けていますが、それを見ても、明らかに多いのです。



アイドリング中、通常その窓には半分位まで溜まっているような感じですが、
何故か2/3ほど溜まっているような感じです。




ヘッドの音が静かなのは、オイルの潤滑が通常よりも多いせい?それとも別の理由?
油圧が高いのは何故?…謎です。




● COMMENT ●

排圧がかかる>ブローバイガスが増える>ケース内圧上がる>ケース内オイル押す>オイルいっぱい回る>ノイズ減る・・・でしょうか?
レヂューサ付けると油圧下がる個体があるそうですし・・・

Re: タイトルなし

yamaziさん、どもー!

おー!それっぽいかも!
だとしたら、SRって実はこの作用も前提にした、油圧だったりするんでしょうかね。



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://areyakoreyasr.blog39.fc2.com/tb.php/785-35ba85f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さくらと云う名の消音器 その3 «  | BLOG TOP |  » さくらと云う名の消音器

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (113)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク