topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさに、パワーチェック比較 - 2013.06.08 Sat

前回の猪名川でのパワーチェックでは、冷えた状態はマズいと思い、
炎天下の中暖気して、放置していたらダレてしまったのですが、
ちょっとだけ冷やしてから測ったので、概ね狂い無く測れてるかなと思います。


つい会話に夢中になると、バイクそっちのけ…
前回は、オヤジさんとシャシダイに載せに行った際、
キーONにしてから、つい会話に夢中になって、そのまま放置→バッテリー上がりw


522CC 2013 パワーチェック比較2028


なんか、つまらんグラフですw
惜しむべくは、オイル交換とチェーン清掃はしておくべきでした。
この辺りをやっておかないと、割とグラフが乱れます。
メンテをやった直後に測ると、綺麗なグラフ+ピークが伸びます!



空燃比は触るところは、無いですね。
一応参考程度に。
FCR-MJN 
MJNニードル     上から3段目
メインジェット     162番
スロージェット      52番
エアスクリュー     1回転戻し
パイロットスクリュー  1回転2/5戻し



エアスクリューとパイロットスクリューはうろ覚えw



FCRの場合、回転に合わせてスロットルを開ければ、狂っていても普通に走ります。
一気にガバ開けして、全閉を連続して繰り返せば、
狂っていれば必ず変なフィールになるので、一度お試しあれ。
強制開閉なので、そもそもラフなスロットルワークは無理なんですけど、
拍車をかけて、ついてこなくなるはず。






過去と比較。わかりやすく白黒反転。522CC 2013パワーチェック比較


青色が通常のFCR39ですが、MJN化(赤色と桃色)で、3000~5000回転のトルクが増大。
トラップ化で、3cmショートになると、下が痩せて、上が残ります。(赤色)
ピンクは、通常のテックサーフのコニカルサイレンサーです。



青とピンクを見比べると、MJN化によって、ピークのトルクは変わりませんが、
その他の全回転域では、ポンと一つ上に押しあがっている感じが、データで見るとよくわかります。



途切れている箇所が8000回転ですが、
正直そこまでは使いません。高速や直線で弾丸になるとか、サーキットで走るなら別ですが。




ピンクが現在の仕様で、2700回転から7000回転までトルクが4キロを超えていますので、
そういう意味では、522CC(10:1)のST-1カムは、扱いやすいのかなと思います。



ピークを伸ばすというか、トルクを高回転まで残すなら、やっぱりスパトラ化は優れてますね。
ただし、低回転域は犠牲にする必要があります。
まんべんなくフラットな特性が得られるテックサーフは、やはり優秀です。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://areyakoreyasr.blog39.fc2.com/tb.php/742-7017ed5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イメチェン!? «  | BLOG TOP |  » イメージを固める

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (114)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。