topimage

2017-10

カムの疑問? - 2012.05.30 Wed

ヨシムラのハイカムシャフトのプロフィールで、
バルブクリアランスは、IN側もEX側も規定では、
IN側0.13~0.15、EX側0.15~0.17



実際にコレに合わせた状態のカム音って相当やかましくないですか…?
ハイカムなんだから当たり前~って言われそうですけど…



僕はIN側0.08、EX側0.10しか取ってません。
でもしっかりと馬力やトルク共に出ているように思いますし、
カム音はものすごく静かです。というか僅かしか聞こえません。



一般的に狭すぎると出力が低下するーと聞きますけど、
だったら、これを規定どおりにすると、出力は上がるんでしょうか?



そもそも、一番最初に組んでもらった時は、
現在のようなクリアランスじゃなかったんですが、、
ヨシムラの公称するデータ通りになっていませんでした。
公称値よりも結構オーバーラップもそうですし、いろいろとデカかったような…。



んでまぁ、最初の1000キロ慣らしが終了してから、
すでに4000キロ以上走っていますが、バルブクリアランスを計測すると、
両側とも0.01mmも狂ってませんでした。



これが良いのか悪いのかわからないですが、
シュッシュッシュッシュとエンジンノイズが出てるだけ。
音の比率で言えば、キャブとブリーザーが8、エンジン2の割合w



カムのカチャカチャ音は嫌いじゃないですけど、
あまり賑やかに慣らしまくるのも、なんとなく気持ちが不安定になるので、
クリアランスは今のままでいくつもりなんですが、、
一体何が正解なんでしょうねw



…んまぁ、ST-1と言いつつ、加工しまくりで、そのまま使ってない時点で、
規定値もクソも無いのかもしれませんがw

● COMMENT ●

No title

私は、次はカムやりたいですね~
まずは、車検ですけどね・・・もう1週間以上SR乗ってないo(TヘTo)
最高の1台ににしてって伝えて、モン3に入院ですから期限もきってないし
仕上ってくるのが楽しみです。

たしか、クリアランスを多くとることで、ロッカーアームがバルブをより高い所から叩くことで、バルブの開く初速をあげるってのが、ヨシムラの言い分だったような…

バルブが速く開くぶん、より混合気を多く取り入れるってことなんでしょうかね?

でも確かにST1のタペット音はやかましくて、逆にエンジン回すの嫌になりますよね(笑)


Re: No title

オヤジさん、まいどでーす。

急がば回れです!w
ジックリ確実にーですねー!

No title

t号のエンジンを組んだ匠に腰上のみだけど同じメニュー+αを予定してるアイボウちゃんです!w
ためになるわ~w今度のツーではおいてかないでね?w(マジなやつですよw)

Re: タイトルなし

くろとんぼさん、まいどですー。

そういう意図があるんですね~。
うーん…普通のST-1じゃないだけに、悩ましいw

なんかタンクの裏側で共鳴してるんで、
オイル口付近をちょっとタオルか何かで塞ぐと、
静かになるというw

レーシーな音で好きなんですが、ウザイ時はウザイw


Re: No title

その名前…ちょww

安全運転ですよ~マジで!
渋滞してる時は、ス~イスイと行っちゃいますけど、
スピード自体は出しません!多分…おそらく…

信じるものは救われる精神でオマカセしとけば、
きっと良いエンジンになって仕上がってくるはずです!

そして側溝へダイブ。

すいません、ロッカーアーム質問です。

こんばんわ。以前にプラナスの時に、質問させて頂きました者です。最近、エンジンのカム周りのノイズが増えてきたので、腰上OHを予定してます。そこで、この記事を発見して気になってしまいました。現在僕の仕様は、ヨシムラst-2なんですが、ロッカーアームは、後期型のチップ付きを使ってます。Tさんは初期の穴開きと、どちらを使用してますか?結構いろいろネットで調べてみても、本当のところが解りません。ヨシムラさんは、初期を推奨ですが、あるショップさんでは、初期は減ってきたときに、カムを叩くから、後期の方が良いっていう人もいます。周りの知り合いも、st-2は組んだ最初は静かでも、段々とうるさくなってくるって言ってました、てっ事は、そうゆう理由なんでしょうか?
いきなりですいません、宜しくお願いいたします。

Re: すいません、ロッカーアーム質問です。

sio-Gさん、こんばんはー。

私は硬質チップのロッカーアームを使用しています。

現行のヨシムラのカムシャフトは、2年前まで販売していた旧カムシャフトとは
ブランク材が違っているので、初期型を推奨しているようです。

正直、凝着摩耗に関しては、バイクに限らず、すべての金属摺動において、
凝着のメカニズムは、いまだに解明されていない状態です。

ただいえるのは、硬質チップの場合は、ロッカーアームの上にレーザー溶射後の研磨で形成されていて、
コンモリと盛られて作られているので段差がありますが、初期型の場合は、それらがないので、
スムーズな動きだと言われていて、それが狙いなのかなと。

実際初期型のヘッドの音は結構違っていてシャインシャインという音が鳴るのですが、
おそらくサーキットの経験則から使われてるだけで、硬度や材質などの明確なデータに基づいた根拠があって
初期型ロッカーアームを使っているという事は少ない様に思います。

ロッカーアームが摩耗して、カムシャフトを叩くことは、オイル管理や、
適切なバルブクリアランスを取っていれば、ほとんど無いと思われますし、
普通に使う分には気にする領域ではないと思います。
8000~9000まで突っ込みまくるというのであれば、話は別でしょうけどね…

どうしても、ハイカムシャフトを入れると、純正以上の摩耗は避けることが出来ず、
そのままでは、初期型だろうが、硬質チップであろうが、何かを犠牲にして、何かを守る事にしか成りえず、
全体を守るのであれば、やはりコーティングを施す他ないと思います。

但し、同種のコーティングだとか、同種のメッキ同士だとか、
コーティングしてるから完璧というわけではなく、同じ硬度同士の摩耗は避けるべきです。
凝着(かじりつき)は、一般的には硬度差を付けたり、異種金属で摺動させて回避するのが一般的です。


僕がST-2をもし使うのであれば、初期型ロッカーを中古で探すくらいなら、
新品の硬質チップのロッカーアームを使うかなーと思います。

こんにちは。もの凄く丁寧な回答、ありがとうございます!すげー参考になります!けっこう自分でも調べたんですが、皆さん組んだときの記事は書いているんですが、その後の情報が無いんですよね、、。2万キロ後のカムとロッカーアームの状態とか。人によって意見がさまざまなので、凄く悩んでいました。コーティングは今回のOHで、カムとロッカーアームにしようかと考えておりました。1点気になったんですが、今やろうと考えているのは、エヌ・イー有限会社のWPCハイパーモリショットってやつなんですが、『同じ硬度同士の摩耗は避けるべきです』とは、同種のコーティングをカムとロッカーアームに施すのは、まずいって事ですか?Tさんは、コーティングはどちらか1方だけコーティングしてる感じですか?1号機はもう2万キロ越えているって書いてありましたが、ヘッド周りの音は、昔とくらべてどうですか?なんか質問ばかりですいません!でも、この辺のカムとロッカーアームの磨耗に関しては、何が1番なのか疑問に思っている人が多いと思うので、ぜひお聞きしたいです。宜しくお願いいたします。

Re: タイトルなし

sio-Gさん、こんにちは。

モリブデンショットは、表面にモリブデンを打ち込んで、潜り込ませている感じで、
膜が張っているわけではないので、コーティングとはちょっと意味合いが違います。
表面硬度を変化させる目的ではなく、潤滑目的なので、特に問題にはならないかなと思います。

要はDLCやチタンコーティングや各種メッキなどは膜を張るので、当然寸法も変化しますし、
使いどころが重要になってくるという感じなのですが、実際には状況によって変化するので、
何が正しいのかどうかすら、やってみないとわからないのが現状だと思います。
窒化クロム膜をコーティングしたカムシャフトも試した事がありましたが、即かじりついた事もありました。

私の1号機は仕様変更の為、フレームからエンジンを降ろしていますが、
30000キロを超えて、どうしてもタペット音だけはある程度出ていましたが、
それ以外は音に関しては何ら変化はありませんでした。

純正よりもハイリフトで力強くロッカーアームと摩擦が発生するし、バルブもその分押されるので、
耐久性が落ちることは避ける事が出来ません。
ロッカーアームの設計を変えずに、単純にカムだけを変えるので、致し方ないのですし、
モリブデンショットの効果も、半永久というわけではないので、
やはり当たり前の回答になるのですが、純正カムが一番良いという回答になってしまうかなという感じです。

今3号機はすべて純正で、表面改質のみを行っていますが、
やはり低中回転域のドッカントルクは面白いですよ!
正直ST-1よりも、町や山では面白いと感じています。



Re: Re: タイトルなし

あ、2号の間違いです。

ありがとうございます。

返信、ありがとうございます。今の話を参考にさせていただきまして、ロッカーアームは硬質チップ付を使用しWPC+DLC。ST-2は、WPCハイパーモリショットで行こうかと、考えております。
今のエンジンはショップで組んでから、まだ6000キロなんですが、音が気になってきてしまいまして、、。
このまま使用したら、ST-2が使用不可になってしまうのではないか?って感じ、もう一度組みなおそうと、思っている次第です。

僕が聞いた話では、初期のロッカーアームは柔らかいので、摩擦で減るとしたらカムではなく、ローカーアームが先に減って、カムを守るために、ヨシムラでは初期を推奨って聞きました。そして、ロッカーアームが極端に減ってきてしまうと、オイル管理をちゃんとしてても、叩いてしまうためカムがダメージを受けてしまうって言ってました。なので、あくまでもレース用部品って事なので、ローカーアームが減る前に、OHしないといけないって解釈してました。

ショップで組んでもらっても、消耗部分に関しては、当然保障外ですので、使用に関しては自分で決定するしかないので、凄い参考になりました。ショップのアドバイスって結局、どこのお店でもそのショップなりの持論があるので、同じではないんですよね。
ノーマルが一番って、ところが多いです(笑)
最近、ハイパフォ系から、初期型ルックに流れる人が多いのは、そーゆー事なんでしょうかね。特に関東地域。。
僕はハイパフォ系が大好きなんで、流行で見た目をノーマル風に戻す流れは、ちょっと解らないです(笑)エンジンは別ですけど。

なので、Tさんの1号機は大変参考にさせていただきました。
キャブのニードルセッティングの泥沼にはまってたんですが、ようやく良い感じになってきて、お勧め頂いたテックサーフマフラーの加速とサウンドを楽しんでおります。
キャブはニードルが命!って本当ですね。お店に出しちゃうと、ニードルまでは基本変えないので、泥沼でしたが、面白かったです。

ちなみに

すいません、ちなみにTさんの1号機は普通のST-1じゃないとありましたが、カムとロッカーアームは、どういうコーティングを施していますか?差し支えなければ教えていただきたいです。30000キロを超えても、タペット音以外は変わらないって、すごい事ですよね。
ヘッド周りは、Tさんの1号機の仕様が1つの正解ってことですよね。
あと、フ~ジーさんってやっぱり凄いんですね。僕も近ければ、Motostyro さんで組みたいです、、。
長々とすいませんが、宜しくお願いいたします。

Re: ちなみに

sio-Gさん、こんばんはー。

僕のカムシャフトは、軽量化を施した上でバランス調整を行い、
ひたすらスムーズに回るように切削加工されており、
加えて、ロッカーアームなどはAP-EXμを施しています。
ただ、この切削加工は秘密裏に行われており、リスクも高く難しいのでオーダー不可だそうです。

しかし、音や耐久性に関しては、AP-EXμの効果が一番大きいかなという気がします。
実際2号機エンジンにも施していますが、メカノイズはまるで違います。
もしまだ決定しておられないのであれば、AP-EXμもご検討なされてもいいかなと思います。

AP-EXμを施したエンジンも、数多くフージーさんは手掛けているので、
一度ご相談なさってもいいかもしれませんね~。

僕自身、やったことが無い事に関してはお答えできませんが、
経験したことであれば、お答えしますので、なんなりとコメントして頂ければと思います。

なるほど!AP-EXμ!

お返事、ありがとうございます。ボアさんでも、やっているやつですね!
新型ロッカーアームにAP-EXμは、かなり有効ってことですね!カムシャフトの切削加工は、無理だとしても、ロッカーアームにAP-EXμってだけで、そんなに効果があるなら、やらない手はないですね。
ボアさんのHPでもAP-EXμ処理をしたロッカーアームでの、3万キロ後のカムの写真やデータを掲載してくれたら、もっと注文する人増えそうですね(笑)その辺の実際のデータって無いんですよね。
実際、フィールで体感できるよりも、耐久性に関しては、お金払う人多いと思いますし。
今回の話で、ロッカーアームは硬質チップ付をボアさんでAP-EXμ処理で、お願いしようと思います。

いろいろご相談にのっていただき、ありがとうございました。助かりました!

特殊鋼流通通信

「日立金属 冶金研究所が境界潤滑の原理を解明」
 機械設計屋ならわかるとおもうが、軸受などの設計に際し、従来の面圧を踏襲し
て40年もの年月が流れている、トライボロジー分野に画期的な理論「炭素結晶の
競合モデル(CCSCモデル)」という画期的な理論を日立金属が発表した。鉄鋼材料
と潤滑油の相互作用で出来た表面に付着しているナノレベルの炭素結晶の構造が
滑り具合を決定しているとのこと。
 この理論に基づいて開発されている自己潤滑性特殊鋼SLD-MAGICの売り上げが
一段と加速することが予想される。

いい話だ

 自動車もハイブリッドが長く続く。内燃機関はまだまだこれからだ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://areyakoreyasr.blog39.fc2.com/tb.php/613-ef55f216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テック~テック~ «  | BLOG TOP |  » ラーメン&マグロ (゚д゚)ウマー ツーリング

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (115)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク