topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に揃った! - 2011.12.30 Fri

DSC_0415.jpg

シリンダーヘッドカバー、リテーナー、ハイカムシャフト、
ロッカーアーム、ロッカーアームシャフト、シリンダー、バルブ、
ピストンピン、クランク、レリーズ、プッシュロッドetc…

ケースやカバーなども含めてほとんどの部位に、切削もしくは表面処理がなされ、
それらが一ヶ月の時を経て、MONSTER3に集結しました。



もはや何がどーなってるのか…やりまくりっていうか依頼しまくり。
年始早々から、いよいよ組み作業に突入するそうです。楽しみすぎますよ!



当初はチタンパーツを多用しようかと思っていましたが、
その中のひとつ、純正リテーナーは、ハイスでは全く歯が立たず、
超硬でも簡単に歯が欠けてしまうほど、強烈な硬度を持っているので、
それには何らかの理由があったんだろうと思い、
あえて、ボアエースにて加工をお願いして使用する事にしました。
上記写真がそれです。穴あけ加工等により軽量化されています。



ドリルやボール盤の一般的な工具(ハイスピード鋼等)では、
傷はついても、1mmすら掘り進める事は出来ないみたいです。




エンジンの共鳴や微振動による、不快なノイズを抑える、
ヘッド周りの動きを極限までスムーズ化してやる、
様々な回転物を阻害する微妙なバランスを正常化してやる、
フリクションロスを減らせる限り減らす…などなど盛り沢山。



摩擦や不必要な振動が生まれるから、その分ロスしますし、熱が発生するわけで、
それを減らせば、おのずと熱も音も動きもスムーズかつ安定するんでしょう。



そこにボア号の速さの秘密があるんじゃないかと。
トルクフルでドッカンドッカン進む感じではなく、
スゥッと異様な程スムーズで速度が乗ってる加速感です。
あの車両に試乗した方は、もうコレSRじゃねぇよ!って思われる方も居たかもw



まぁ、なんにせよ、新生マイSR522号は、
特に過激な仕様じゃないですが、
ライフの長いエンジンちゃんになってくれるんじゃないかなと期待して、
新年を迎えたいと思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://areyakoreyasr.blog39.fc2.com/tb.php/492-e508f033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酔う…Man TT «  | BLOG TOP |  » テックトラップのエンド 妄想中

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (114)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。