topimage

2016-11

セミ シェイクダウン - 2016.11.14 Mon

モディファイを進めている最中に、またモディファイが重なって…それがまた…
…という流れが続いていて、終わりが一向に見えませんが、それはそれとして。



OHLINSのグランドツインの装着後の試乗が行えていませんでしたので、
とりあえず、一旦シェイクダウンとなりました。







P3300901-01.jpeg

…の準備をしていると、以前に注文していた部品が届いたとの事。
イイ感じにシャープなbremboさん。
T-DRIVEに換装しました。






P3300895-01.jpeg





T-DRIVEは通常のレーシングのディスクローターと同様にフルフローティングですが、
フローティングピンが無いのと、アウターのパッドの摺動面がギリギリまでそぎ落とされているので、
見た目にかなり軽快な印象を受けます。



なおかつ、インナーも可能な限り、肉盗みが施されているので、
実際持ち比べてみると、かなり軽量化されている事がわかります。




実はこの車体のディスクローターの装着に少しコダワリがあって、
1年半ほど前に、ディスクローターのオフセットスペーサーをワンオフする際に、
DUCATIの限定シリーズの「R」用ディスクローターを使える様にしています。







P3300910-01.jpeg

普通のタイプや「S」シリーズとは何が違うかと言いますと、
オフセット量が違っていて、外へ振られているのがわかるかなーと。



本来は放熱性を上げるために、オフセット量が大きいようですが、
SRにはそんなもんは必要ないです。



では何故こんな面倒なことをしているかというと、
ディスクローターのオフセットスペーサーを分厚くさせない為には仕方なかったという。



プラスμでワンオフすると、オフセットスペーサーすら無しで装着できますが、
「遊ぶ」には、そういったワンオフによって制限をかけない方が、良かったりする場合もあるので、
一長一短ですねー。





P3300884-01.jpeg

というわけで、セミ シェイクダウン。



振動対策や前後足回りのセッティングがビシッと決まっているので、異様に乗りやすい車体です。
スゥっと収まるトコへ収まっていく収束感がハンパないですねー。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (115)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク