topimage

2014-08

少しずつチューン - 2014.08.24 Sun

DSC_060452.jpg


CRキャブレターを装着しました。
ベンチュリー径はφ35です。


SR用としてはφ38が一般的で、というか普通にSR用として買ったらφ38になると思うのですが、
FCR39でも経験していますが、400CCでは、どないセッティングしても口径が大きすぎて、
イマイチシックリこないという経験則から、あえて35をチョイスしました。
FCRの場合は加速ポンプがあったり、構造上ごまかしが効くので、まだよかったですけど。



また、年式も新しくせっかくスロットルポジションセンサーもあるわけですから、
それを生かしてやれって事で、取り付ける為の周辺パーツだけ用意してもらって、
バッチリとセットしてもらって完成。



3号機はあえてエアクリーナーボックス仕様にしていますが、これが正解で、
低回転~中回転域のツキの良さは強制開閉なので当然ですが、トルクの出方が非常によく、
回転の上昇もスムーズで、強制開閉式なんだけど気難しさが全くありません。



エアクリーナーボックスは、ゴミが入らないようにだとか、雨が入らないようにだとかってのは、確かにそうですけども、
吸気慣性の効果を低回転や中回転域で発揮させる、重要な役割があるわけで、
取り外してしまえば、低回転あたりがイマイチビミョーってのは、その影響も非常にデカいので、
3号機はあえてエアクリーナーボックスをそのまま残してます。



吸気慣性を考えれば、エアクリボックスを取り外した方が、当然高回転まで鋭くギャイーンと回るでしょうけど、
完全に街乗り用として乗ってるので、低回転でモリモリと出るトルクと粘りを維持する為には、ボックスは必須でした。



以前にも何度か述べている通り、SR400でデカいベンチュリー径及び、
スピゴット径で、ファンネル仕様やパワフィル仕様だと、
なんか乗り味的に低中回転辺りのセッティングがイマイチだと感じるのは、
おそらくセッティングを頑張っても、コレだという部分には行き着かないと思います。



低回転では、どうしても吸気の慣性の都合上、スカスカになりがちですしね。
でも逆に高回転では過不足なく走るので、結局どっちを取るかなんでしょう。



その意味から考えると、どの回転域でも突出したものは無いけど、
万遍なくスムーズに走るし、パーシャルも安定という事を鑑みると、エアクリボックス仕様は有用だと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (113)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク