topimage

2014-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真の通勤号という名の… - 2014.05.26 Mon

本当の意味での街乗り通勤用として、カブを触る予定でしたが、
諸事情により中止。というか、チューンドパーツが納期未定で諦めました。
その予算をそっくりそのままシフトさせて…



総走行距離は50000キロ以上と、ヤレ感は結構なものでしたが、
各所オーバーホールや定期的なメンテナンスが、GREENTEAで行われていたSR400を
急遽、通勤号とする事にしました。


素性のわからない、メンテもされていないような20000キロより、
マメなメンテを行っている50000キロの方がよっぽど程度は良いです。
事実、今回の車両は距離は伸びていますが、エンジンノイズや走行フィーリングに不安は全くありません。



GREENTEAでは、各所バラしてオーバーホール後、納車の際にどんな作業を行ったのか丁寧に説明があるので、
そう考えると、車両の程度が良いのは当然といえば当然かもしれませんね。



とはいえ、何から何まで、徹底的にピッカピカというのは、
その辺りは個人の範疇なので、僕は2日間で、約10時間かけて磨き倒しました。
また、どうしようもない部分は、新車外し等のパーツをかき集めました。
P1030368(1).jpg



エンジン、フレームは、2種類のコンパウンドと、1種類のコーティング剤を駆使して、
エキパイ、サイレンサーは、バフがけ、その他は、洗剤とコーティング剤で徹底的に洗車。
テールランプやヘッドライト等のレンズもコンパウンドで鏡面に磨いています。
金属及びメッキは、すべてコンパウンドでくすみを取り除いています。


エンジンのカバー類は、ブラック限定などで採用されていたカバーを使用。
初めてですが、ボンスターなどを軽く当ててみても、ちょっとやそっとじゃ傷がつかない表面硬度なので、
さすが純正クオリティだなぁ…と感心しました。



ホイールは、ワイズギアのゴールドのキャストホイール。ドラムパネルはパウダーコート。
外装は、販売終了のキャブ車用のサンバーストなのですが、新古品程度のものが手に入ったので交換しました。
サイドカバーとシートカウルはウレタンクリアーで仕上げています。
シートはやはり選ぶ余地無しというところで、GREENTEAシートです。
P1030364(1).jpg



これぞまさしく、「THE SR」って感じです!
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (114)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。