topimage

2012-02

セッティングの季節に入ってきた - 2012.02.28 Tue

気温の変化が激しい、この季節。
キャブレターならではの、フィーリングの違いがかなり出ます。


あまり乗らなかったりしてると、多少のずれは許容出来るかもですが、
毎日毎日数十キロ同じ道を走ってると、イヤでも気がついてしまいます。






僕は、元々クソ寒い時期にセッティングを濃い目に合わせて出していますので、
少し暖かくなると、イエローゾーン突入という具合になり、
レスポンスが少し鈍くなります。



また、音でもひじょーにわかりやすい。
エキゾーストノートって正直ですよね~。



セッティングが出てる時って、排気音にまとまりのある感じで、
セッティングが外れると、無駄に弾け飛んだ音だったり、モワァっとした音だったり、
いちいちスロットルワークをあわせなくても、
毎日通勤してると、大体これでどの域がどんな具合かわかります。




で、薄い場合の話なんですが、アフターファイヤーが出るってのは、
もはや僕からすると、結構外れてる域のお話なので、
そういう場合は、ニードルの段数1段ずつ触るより、
ストレート径や、エアスクリューをちょっと多めに絞ってみたり、
わざと大きく濃い目のセッティングに変えます。



そうすると、一気にフィーリングが変わるので、
次は、最初のセッテッィングと、変えた後のセッティングの
中間付近を狙ってセッティングを出して様子を見ます。
その時点で、大体見えてくるんですよね。



1段だけずらすとか、ちょこっとだけ絞るとか、
相当神経を研ぎ澄ませてセッティングノートに書いて、詰めれば出るんでしょうが、
ちょっとずつ上げていくとかっていうのは、基準がぶれてくるんですよね。
つまり、変えたセッティングが、元のセッティングの感覚をスポイルしてしまうという感じ。



ノートに書く備考も、濃いフィーリングだとか、ボコつくとか、
結局感じ取った事を文章化するだけなんで、曖昧になっちゃうんですよね。
最初と比べてどうなのかってのは、何回も書いてるとわからなくなってくるという罠にw



というわけで、FCRのスロージェットでたとえると、
50から58にしてから、55にして様子を見るほうが、
僕の場合は、わかりやすくて、わりと簡単にセッティングしやすいなーと。



…なんて書いてみたけど、あくまで僕はこうするってだけw
とりあえず、あと1~2週間は様子見してみます。



…と思ってたけど、SR入院でした!w




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (113)
3号機SR400 カスタム (39)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク