topimage

2017-04

納車 - 2012.01.17 Tue

P100029212.jpg



本日納車でした。
いろいろとややこしい注文に応えていただき、
ありがとうございました。




さて、早速楽しみながらの帰宅でしたが、
3500~4000回転縛りでは、
スロットルは4分の1程の開度しか使ってないですが、
面白いですねぇ!



ボア号と似たような感じになるのかなぁと
組みあがっていく時は思ってましたが、全然違いますな。



ドンッドンッと押し進んでいくトルク感が
マフラーの影響もあるんでしょうが、
ボア号とは全然違う…似たようなスペックですけども。



ものすごく弾けた排気音で、グイグイ前に押し出される感じ。
フライホイールの軽量化の有無とか、ST-2とST-1の違い?



ST-1カムのSRには、
いろいろと試乗しましたが、それらとの比較でもなんか違いますね。
バッキャーンと弾けて吹ける具合が鋭いといいますか…



ハイカムシャフト自体にも、ボアエース加工が入ってるので、
違ってて当然かもしれませんが、これはいろんな意味で面白そうだw



一足先に緑茶ステッカーが貼ってあるショックが、取り付けてありますが、
後々に車体全般カスタムが始まります。よろしくお願いしまーす!
P1000284.jpg

火入れ式  - 2012.01.15 Sun

今日は緑茶訪問の予定が、完全に寝過ごし…
ぼーっとしてると、組みあがったとのTELがあったので、
早速モン3へ行って来ました。


IMG_0026.jpg
IMG_0012.jpg
IMG_0039.jpg



早速、エンジンをかけて頂きました。
サクッとキックいっぱーつ!
メカノイズが少なく超静かじゃねぇか!
シャラシャラシャラ~っと、400CCの時と変わらんですね。



ブリッピングしてみると、控えめなライトチューンながら、
チューンドエンジンらしい、バキャーン、バキャーンと、
心地よい荒ぶった感じで弾ける排気をさせながら、鋭いレスポンス。



ドンッドンッドンッと蹴り飛ばされるような加速フィーリングでしたが、
まだほんの少しだけしか乗ってないのと、3500前後までしか回してないので、
これからどうなるかはお楽しみですね。






…というか、これはまだ序章です。
次はホイール周り、メーター周り、ハンドル周り、
タンク、シート、フォーク、トリプルツリー、フェンダーなどなどが控えてますので…



載る - 2012.01.15 Sun

以前から気になっていた、FCRの加速ポンプのロットの錆…
そんなに錆びるの!?ってぐらい錆びてます。



ロットを保護している蛇腹には小さな穴が空いていて、
おそらくそこから浸水して、抜けずに滞留した為、
加速ポンプ内にまで浸水したんでしょう。
P1000250.jpg



ロット交換と加速ポンプを復活させる為、
kawasakiのダイアフラムから、元に戻しました。
P1000251.jpg




ひさびさにFCRを触ってましたが、
ボアパーツで囲まれてるなぁとw  便利すぎるんですよ、マジで。
P1000252.jpgP1000254.jpg





カバーも塗装がほぼ完了していましたが、
ステーの色がちょっと浮いた感じなので、
ヘッドカバーと同色に揃えた方が良いかもですね~。

しかしイイ感じだ!
P1000275.jpg





本日、フレームにエンジンがマウントされ、
明日、火入れ式。
…むちゃくちゃカッコエエんですけどw
P1000241.jpg
P1000274.jpg
P1000262.jpg



…なんかこういうのを見てると、
ぼーっと眺めてるだけで時間がどんどん過ぎていきますね。

エンジンチューン佳境… - 2012.01.13 Fri

今日、ボアエース切削加工を施した各パーツを
比較して見ればすぐわかるから、試してみ?と坂本さんに言われてたので、
触る、比べる、をやってみました。



うへへ…としか言いようが無いw
なんだこれは!?という感じ…




というわけで、、あと数日中には、組みあがるようです。
ワクワクしますなぁ…
残すはヘッドの組み付けとバルブタイミングの調整と
各部のボルトのトルク管理だそうです。
話を聞いてますと、ほんと、こだわりがハンパねぇ。





以前からかなり気にはなっていたクルクル君ですが、
クラッチのプレッシャープレートのアルマイトが上がってきて、
真っ赤だったら、ちょっとド派手すぎるよなぁと不安でしたが、
小豆色っぽい具合で落ち着いた色合いでした。



キャストアルミなので、色の載りが悪いのですが、それが良い具合に作用した感じ。
ただし、一発でこの色が出たわけじゃないそうです…ややこしい依頼すいません。



カバーの色はガンメタになるので、まとまりのある感じになると思います。
主張しすぎず、なんだこれは!?っていう色合いが、変態カスタム心をくすぐるw




エロい艶はオイルで濡れた時にどんな具合か見たかったから、
ちょっと濡らしてみただけですw
P1000229.jpg





また、今後おそらく磨く事は、ほぼ無いであろう箇所は
今しかチャンスは無いので、せっせこ磨いて綺麗にしてやりました。
エンジン下部~スプロケ付近を通るオイルライン。かなり綺麗になったw
P1000234.jpg




このオイルラインって、結構乗ってるSRならば、
間違いなくギットギトになっているパーツなので、
今回、僕もここまで綺麗にするのに、30分以上ゴシゴシしてました…
クソ寒い外でw

こだわるという事 - 2012.01.05 Thu

モン3にお邪魔すると、
一心不乱にシリンダーに向かうフージーさんが。



P1000069.jpg








ちょっと乗せてみよか~?と仰っていただいたので、
早速乗せてみてもらって、全体像を見せてもらいました。
P1000066.jpg








P1000065.jpg



まだ中身はカラッポで、カバーも無いですが、
全体像がようやく拝めました。
こいつはまだ研ぎ出し途中段階。



何を一心不乱に作業されていたかというと、研ぎ出し。
ザーッと塗装を剥がして適当に磨けば、それなりのものになります。



しかし、それでは納得出来ないフージーさんは、
エッジを立たせて際立たせ、、
フィンの研ぎ出し面を綺麗なラインとして浮かび上がらせる事にこだわり、
一番手間のかかる、手研磨によって研ぎ出し作業をひたすらやっておられました。



そのこだわりが生むフィンは、まぁ美しい!美しすぎるよ!
「番手の細かさやコンパウンドで光らせて際立たせる」のではなく、
「エッジとラインをシャープに出す事で際立たせ、あえて光沢感を出さない」事で、
マット感のある塗装との一体感が出て、イイ感じ~。
P1000086.jpg






部屋の奥で、相変わらずマイSRは、首をもたげて眠っておりましたw
後は一気に組み上げてしまうだけだそうです。楽しみですなぁ…
P1000060.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (480)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (51)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (111)
3号機SR400 カスタム (38)
バイク雑記 (71)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
3号機 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク