FC2ブログ
topimage

2019-10

てーてーひゃく号 続き - 2019.10.12 Sat

1569769656584-01-01-01-01.jpeg
http://areyakoreyasr.blog39.fc2.com/blog-entry-1007.html
昨日からの続きです。



1570287895028-01-600x399.jpeg


純正フロントフェンダーのショート化。 ものすごく絶妙なクリアランスです!
指1本すら通らないクリアランスを好む方も多いですが、僕は比較的このくらい適度にクリアランスが欲しい派です。






1570287820023-01.jpeg

チェーンケースは必ず付けたい派です。油等の飛散が我慢なりません!
GREENTEAオリジナルのスイングアーム、カッコいいです。
スクランブラー号にも付けてますけど、チェーン引きの仕様が今回は標準です。






1570287827177-01-600x399.jpeg

P3280570-01-01.jpeg

以前スクランブラー号に使っていたメーターを復帰させました。
純正ライクなのに、カッコいい。透過式なので、抜群の明るさですよ。











1570287805305-01-600x399.jpeg

現在、グリーンティのマフラーはテックサーフ製ですが、
エンブレムはGREENTEAエンブレム仕様です。
ステッカーじゃなくて、真鍮エンブレムがイイね!





てーてーひゃく号 - 2019.10.09 Wed

1569769673031-01-02-02-600x800.jpeg


膿出し中。
フレームからの組み立ての場合、少し走行すると、各部品単位で「座り」の良いところになじむので、
それに伴って、ボルト類が緩む場合が多く、いきなり慣らし運転のために遠出するわけにはいきません。



今回のコンセプトは、「足回りと吸排気にはしっかり手を入れつつも、ノーマルの基本は残す。」です。
ですから、フレーム加工無し、シート表皮や工具ボックス、ヘッドライト、リアフェンダーなど大多数で純正を使っています。



乗りやすいかどうかは別として、マグネシウム鍛造ホイールにTT100を履かせたかった!
そこが一番の目的だったりします。



以下主なスペック
■エンジン
・534CC

・greenteaオリジナルのハイカムシャフト



■外装
・シートは、40th限定車の表皮に張り替え+40th表皮を使ったベルト取り付け


・フロントフェンダーは前回の記事にも挙げている通りで、
純正フェンダーをショートフェンダー化+ラバーマウントで天吊り

・外装はガンメタとシルバー、ゴールドのライン

■吸排気
・TMR40 

・純正エアクリーナーボックス+BORE-ACE製エアアシスト+WM製エアクリーナーボックス用ファンネル

・テックサーフマフラー Φ90×450mmロングサイレンサー



■足周り
・ADVANTAGE EXACT マグネシウム鍛造ホイール

・DUNLOP TT100GP RADIAL

・OHLINSフォーク+43mm用蛇腹

・OHLINS グランドツイン SR400用リセッティング

・GREENTEA スイングアーム 



■ブレーキ
・TARROX ブレーキキャリパー

・SUNSTAR ブレーキディスクローター

・BREMBO RCSブレーキマスターシリンダー

・ANTLION バックステップ



■フレーム
・加工無し(パウダーコート)





1569769656584-01-01-01-01.jpeg

オシャレ感は排除していますが、飽きのこないコンセプトで製作して頂いたので、
永く付き合っていけそうな気がします。

純正フェンダー?  準備は着々と  - 2019.08.31 Sat

1566837084413-600x449-01.jpeg


純正フロントフェンダーショート加工verです。
天吊り仕様にすることで、フェンダーとタイヤのクリアランスの自由度が増しました。



溶接で接合されていますが、かなり薄肉であること、鏡面に仕上げる必要があること、
クロームめっきの仕上がり上、溶接に巣があってはならないことなど、相当な技術を要すみたいなので、
ちょっとやそっとじゃ出来そうにないフェンダーですね。



1566837088583-600x449.jpg

ステーはパウダーコートで仕上げてもらっています。
フォーク側のブラケットは写真を撮り忘れているのですが、それはまた追々。



純正フロントフェンダーって、実は前後の先端は形状が一緒ではなくて、
写真にもある通り、後端部はやや平坦で、前端のほうは、少し丸く尖らせてあるデザインで
こんなところにもSRはこだわりがあるんですよ。



というわけで、9割方準備は整いました。
スクランブラー号は、お色直し計画もあって、眠らせていますが、
今進めている車体と、インジェクションの2台体制で楽しもうかなと思ってます。

絶賛稼働中 - 2019.04.15 Mon

P1050632.jpg

気が付いた人は、かなり通。



というわけで、ブログは停滞。スクランブラー号も停滞。
でも、通勤号は絶賛稼働中です。



2017年に新車を下ろして、2017年末にエンジンをストロークアップしてから、
はや24000キロ。なかなかのハイペース。
でも、ぐりんてーにエンジンを組んでもらっているので、超絶安定。



ビレットシリンダーにハードアルマイト、ICBMボーリングでアルミメッキシリンダー、
絶版部品のSR500用の日本国内仕様の純正ピストンの新品を組んでいるので、耐久性はもはや敵なし仕様。
499CCでノーマル圧縮比で8.3:1なので、パンチは無いですが、必要にして十分です



雑誌にはチューンドエンジンで鋭いスロットルレスポンスと書いてあったりしますが、
確かに妙に鋭いレスポンスだなーとは思っていましたが、
いろいろと装着しているので、これだ!という理由はわかりませんw
ただ妙に元気が良いのは確かです。




ブローバイ関係は、1年以上前にNAGのシュパーブを付けていて、そこから20000キロ走行していますが、
エアクリーナーボックス内を見ても、エンジン周辺を見ても、オイルの吹きもなく、
メカノイズもなく快調そのものです。バックトルクリミッターも快調です。
↓シュパーブとバックトルクリミッターを装着した際の記事です。
http://areyakoreyasr.blog39.fc2.com/blog-entry-987.html




2018年末~2019年現在で行ったカスタムは、雑誌にもある程度掲載されていますが、
・フロントディスクローターが摩耗によりご臨終したので、ALTHに交換。
・ウエルドチタンエキパイを手曲げチタンに交換。
・フロントフォークのインナーパイプを東洋硬化にて、チタンコーティング
 内部はNAGのネコ足ダンパーである、ブリィートのコンプリートセット
・ハリケーン製のリアキャリアを荷かけフックを6本追加し、さらにパイプを1本追加し、装着。
HEPCO&BECKER製レザーバッグを装着。



という具合です。
何がどうっていうわけでもないですが、基本は抑えつつ色気は出しつつ。



あ、あとは40th外装に総とっかえしました。
40thのホイールもありますが、元々DIDのワイドリムの金ホイールを装着していたので、
完全未走行状態で眠らせてます。




そんなこんなで、乗って楽しい、いじって楽しい、そんなSRが楽しすぎてやめられません。
ただし…次回のブログの更新は…未定です。

絶賛放置中 - 2019.04.15 Mon

1555174660453.jpg

特別何もやっていません。ひさびさにお日様に当てました。



あまりにも不動期間が長いので、ガソリンはご臨終しているでしょう。
もともとタンクライナー済みですので、錆に関しては、ほぼ心配ご無用なのですが、
復活させるときに、タンク内部の洗浄、キャブの洗浄は必須でしょうねー。



というわけで、今年度はおやすみなさいませー的な。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

更新数

更新日カレンダー

カテゴリ

1号機SR400 カスタム (471)
SR400 522CC化 (12)
SR400 自家塗装 (43)
SR400 リアディスク化 (12)
SR400 メンテナンス (56)
SR400 FCRセッティング(カスタム) (16)
SR522 FCRセッティング(カスタム) (21)
SR400 2011年 カスタム状況 (2)
SR400 2012年 カスタム状況 (3)
SR400 2013年 カスタム状況 (1)
SR400 カスタム変遷  (1)
SR400 2016年カスタム状況 (0)
2号機SR400 カスタム (130)
3号機SR400 カスタム (41)
バイク雑記 (73)
パソコン関連 (11)
ラジコンヘリ (25)
電子工作 (11)
4号機 (15)
5号機 (4)

最新記事

月別アーカイブ

リンク